Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

低価格のPalm

Palmは低価格機としてZ22を市場投入しましたが、OS5でローレゾというのはどうかと・・・と私は思うのですが、ローレゾにするならOS4や3.5あたりを導入すればいいのに・・・というのが私の素直な意見です。コストを抑えたいのならFROM(FlashROM)ではなく、MROM(マスクROM)を使ってしかも容量を最小限に抑えるためにOSはVFSを搭載していない3.5などを使い、乾電池駆動にすればもっとコストを抑えられるのでは・・・ どうでしょう?これを再現したのがVisorシリーズです。MROMを使用し、VFSを搭載していない3.5を搭載して、ボディーはプラスチックです。これなら1万円切ってもおかしくないPalm機であり、むしろZ22よりも親しみやすいPalmと言えないでしょうか? しかし、OSが3.5であると、それなりにデメリットがあるところは仕方がないのですが・・・ デメリットは、まずOS4でないと使えないソフトウェアがある、ビジネスではワードやエクセルを使う人がいるので、どうしてもSDやMSなどの外部メモリが必要である、標準では無線LANやBluetoothなどをサポートしていないので、どうしてもOS5以上が必要である。などです。 確かにOS3.5はハイレゾではなく標準がローレゾで外部メモリが使えませんが、それをカバーしたHandspringはとてもすばらしい端末を開発したと思います。 今ではHandspring社は無くなってしまいましたが、それの意志を受け継いでる機種はPalm社から出ています。例えばpalmOneのTungsten T5やTreo650なんかはソフトウェアをHandspring陣営が受け持ったらしいです。(電卓やブラウザPIM諸々、Treo650では電話機能など)そこら辺にHandspringのこだわりが見えてくると思います。今回Palm社から出るZ22とTXは、ZireシリーズとTungstenシリーズの名前を変え、ZとTという風に名前を変更して出したということは、Palm社の新たな考え方、そう、Treo700wなどは未来のPalmの製品を表してWindows Mobileを搭載したのかもしれません(ちょっと寂しい気持ちになりますが)。これからのPalm社の出方を見ていきたいと思います。 長くなりましたが、読んでくれた方、私の勝手な考え方に付き合っていただきありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

sasaki933

Author:sasaki933
Palm OS搭載のPDAを使って学生生活を送っている少しニート気味な毎日を描くBlogです。(開発日記も含むw)

ココロ

Twitter

Twitter Updates

    follow me on Twitter

    カウンター

    現在のオンライン数

    現在の閲覧者数:

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。